Homeの画像 英才教育

我が子の知能指数が188であった


英才教育,知能教育,幼児教育,英才教室,幼児教室,東京,神奈川,横浜,川崎キッズサロンの英才教室は私が経験したことを基に、これまでの研究と分析を重ね30年かけて作り上げ現在に至っています。知能原理には新しい古いはありませんので、根本原則に忠実にフォーカスして今日のキッズサロンの方法論を構築しています。知能教育とは一定のルールに則って一方的に実行すれば良いものではなく、子ども一人一人の知能レベルと特性の正確な把握が重要になります。その上で各々に合ったレベルと方法で知能因子に集中的に刺激を与えることが重要なのです。

知能とは学習能力を身に付ける基本部分であり容器になります。発達初期段階の知能に対して刺激を与え脳内部を複雑に絡み合わせることにより、知能、いわゆる容器を大きく広げることができます。そうすることにより就学後、飛躍的に学習能力の向上に寄与することが可能になります。近代教育の悲劇は詰め込み学習と早取り教育に終始して記憶力に重きを置き、子どもの自由な発想を取り去り、創造性を欠き、自ら考え答えを出すことができる能力を奪い去っているのです。「1を聞いて10を知る」ことのできる子どもにする。これが我々が追い求めるビジョンです。


知能教育のポイント
  • 脳内部が形成される10歳までに行うことが重要
  • 誰でも可能性を伸ばすことができる

本質的な教育を提供したい


英才教育,知能教育,幼児教育,英才教室,幼児教室,東京,神奈川,横浜,川崎自らの子育ての経験やこれまで多くの子どもや英才児に携わってきた経験を一人でも多くのお母様のお役に立たせて頂きたいと考えています。子育てにおきましては子どもとの多くの時間を過ごす母親の存在がとても大きく、母親の対応一つで子どもの将来の可能性を広げることも狭めることもできるのです。しかし、実際の子育ては男性の想像を遥かに超えるほど過酷で自らの子どもに対して客観的になれないのが実状だと思います。親として少しでも我が子には多く勉強してほしい、良い教育を受けさせたい、そんな思いは自然と言えます。

多くのお母様は子どもが1分でも長く机の前に座っていれば良いとは思ってはいないでしょうか。この点がそもそもの間違いで本当に重要なことは勉強している時間の長さではなく、どれだけ集中しているかという深さと広さなのです。どんなに長く椅子に座って勉強していても集中していなければ意味を成さず、例え5分でも高い集中をしていればそちらの方が意味があると言えます。


知能教育のポイント
  • 母親の参画が不可欠
  • ある程度の制限はあっても広範囲な囲いとすること

知能が高い子どもは普通児とは違う特性がある


英才教育,知能教育,幼児教育,英才教室,幼児教室,東京,神奈川,横浜,川崎普通児と英才児には相違点があるのは確かです。では、普通児は永遠に普通児のままかと言えば違います。子どもも母親も気付かない精神心理を分析することで現在の潜在的思考パターンと知能レベルが把握できます。知能の転移と弱まっている知能因子に対して集中的に刺激を与えることにより改善できることがあるのです。

自らの子どもを育てた経験の中で、日々の生活の出来事やちょっとしたシーンで取り入れることができるエッセンスが多くあることに気付きました。そうした小さなイベントの一つ一つの積み重ねで日常は成り立っており、専門家による教育と母親の対応で改善が可能です。

一方、母体数に対して1%に満たないと言われる英才児は穏やかな性格と独特な気質と世界観を持つ傾向があり、同年代の児童とは明らかに違う特性があります。この場合、母親が早く気付いてあげることが大切で適切な環境を提供する必要があります。

このように知能教育とは子どもの正確な状態分析と一人一人にあわせてオーダーメイドでシナリオを描き、そして修正を繰り返しながらカリキュラムを組む必要があるのです。


知能教育のポイント
  • 頭の器を大きく作ることが、その後の学習能力の向上に寄与する
  • 脳内部の熟成度を見極めること
取材申込はこちら
入室申込はこちら